ビーグレンの単品使いならどれがいい?実際に単品購入した悩み別のおすすめアイテムを紹介します

ビーグレンの単品使いならどれがいい?実際に単品購入した悩み別のおすすめアイテムを紹介します




ビーグレンは様々な肌悩みを持つ、30代~40代のミドル世代の女性を中心に人気のスキンケアブランドです。

美容成分を肌組織の奥まで届けて浸透させる独自のテクノロジーで、高い美肌効果を期待できる点が評価されています。

しかしビーグレンを一通り揃えるとなると、費用がかさみますので、自分にとって本当に必要なものだけ「単品使いしたい」という人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では「ビーグレンは単品使いしても良いのか」「ビーグレンを単品使いするならどのアイテムがおすすめなのか」を解説します。

また当記事では肌悩み別にビーグレンのおすすめアイテムもピックアップしています。実際にビーグレンを使用している人の口コミもいくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ビーグレンは「単品使い」してもOK!無理に「ライン使い」しなくてもいい理由

ビーグレン QuSomeモイスチャーゲルクリーム 単品

一般的にスキンケア製品は、化粧水、乳液、クリームなど、複数アイテムを一通り一緒に「ライン使い」することを想定して作られています。

そのため、「ライン使い」することが理想とされるスキンケア製品を、「単品使い」してもいいの?と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

結論としては「単品使い」しても問題ありません。ここでは、その理由についてお答えします。

ビーグレンは独自のテクノロジーで「単品使い」でも効果を発揮

本来であれば、期待通りの効果が薄れてしまうという可能性があるため、一般的にはおすすめできません。

しかしビーグレンは一つ一つのアイテムが高機能なため、単品使いでも充分な効果が期待できます。

「QuSome」というビーグレン独自の浸透テクノロジーが、ビタミン類やハイドロキノンなどの有効成分を肌組織の奥まで届けてくれるからです。

ビーグレンは「肌悩み」に合わせてアイテムを選びやすい

またビーグレンは、シミやシワなど、年齢と共に増える「肌悩み」ごとに効果のあるアイテムがはっきりと分けられています。そのため「今の私の悩みにはこれ」と単品使いのためのアイテムを選びやすいのが特徴です。

むやみにスキンケアアイテムを使うのではなく、自分の気になる悩みに合わせてピンポイントで使うことで、より効率的にスキンケアを行えます。

ライン使いはまとまった費用が必要となり、ハードルが高いかもしれませんが、単品使いは自分の気になるアイテムだけを気軽に試せるのが嬉しいですね。

ビーグレンを単品使いしている人の口コミ・評判

実際にビーグレンを使用している人の口コミを紹介します。

▼「Cセラム」を使用

▼「QuSomeレチノA」を使用

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hirahara Yuka(@yukahirahara)がシェアした投稿

▼「Cセラム」「QuSomeレチノA」を使用

 

この投稿をInstagramで見る

 

五十嵐 奈緒香(@naokaigarashi)がシェアした投稿

ビーグレンの口コミ・評判から分かったこと

女性 肌

ビーグレンを実際に使っている人の口コミを見て分かったことを以下にまとめました。

ビーグレンの口コミ・評判まとめ

  • 30代から40代女性に人気
  • 使うとしっとり肌に馴染む
  • 浸透が早く使い心地が良い
  • 初日から効果を実感
  • 人から「肌がきれい」「肌にハリがある」と褒められるようになった

ビーグレンの口コミを見ていると、30~40代のミドル世代の大人な女性や、子育てに追われて自分磨きの時間をなかなか作れないママ世代の方に人気でした。

加齢による肌質の変化に悩んでいた人が「スキンケアや自分の肌を毎日チェックするのが楽しくなる」と明るく話しているのがとても印象的ですね。

肌馴染みもよく、成分の浸透が早いので、初日からしっかり効果を実感したという人もいました。

自分の肌感で効果を実感するだけではなく、人からも「きれい」「ハリがある」と褒められるようになったという、とても嬉しい口コミもありました。

では実際にビーグレンを「単品使い」するなら、具体的にどのアイテムを選べば良いのでしょうか?次項で詳しく紹介します。

【肌悩み別】ビーグレンの単品使いにおすすめのアイテム4つ

ビーグレン 単品使い

ビーグレンの単品使いにおすすめのアイテムを、「毛穴やニキビ跡」「乾燥」「小じわ」「シミやくすみ」の4つの肌悩み別にピックアップしました。

今回紹介するアイテムは以下の4つです。

商品名 価格(税込) 内容量 肌悩み
Cセラム 5,170円 (税込) 15ml 毛穴やニキビ跡
QuSomeモイスチャーゲルクリーム 6,600円 (税込) 30g 乾燥
QuSomeレチノA 6,600円 (税込) 30g 小じわ
Qusomeホワイトクリーム1.9 6,600円 (税込) 15g シミやくすみ

具体的にどのようにおすすめなのか、各アイテムの特徴について順番に詳しく解説します。

Cセラム

Cセラム
毛穴の開きや黒ずみ、ニキビ跡などが気になる人には「Cセラム」の単品使いがおすすめです。肌コンディションを整えるビタミンC美容液です。

ビタミンCをビーグレン独自の浸透テクノロジー「QuSome」で包み込み、成分を安定させ、角質層のすみずみへ届けて滞留させることで、効果を持続します。

つけた瞬間からほんのりと温かくて、気持ちのいい着け心地が嬉しいですね。皮脂や乾燥を防ぎ、毛穴を引き締め、肌にハリや透明感を与える美容液です。

QuSomeモイスチャーゲルクリーム

QuSomeモイスチャーゲルクリーム
肌の乾燥が気になる人には「QuSomeモイスチャーゲルクリーム」の単品使いがおすすめです。うるおい溢れる肌に保ってくれる、高機能保湿ゲルです。

「QuSomeコンプレックス」というビーグレン独自のテクノロジーで、「肌自ら水分を生み出す力」と「保水力」を高めてくれます。肌にさらりと浸み込む、軽くてみずみずしいテクスチャーが特徴的です。

肌の乾燥を防ぎ、みずみずしく柔らかな肌へ導いてくれるクリームです。

QuSomeレチノA

QuSomeレチノA
年齢による小じわが気になる人には「QuSomeレチノA」の単品使いがおすすめです。
肌にハリをもたらしてくれるビタミンA類配合の美容液です。

乾燥小じわの気になる部分にピンポイントで使用します。ビタミンA類は繊細で壊れやすいのですが、ビーグレン独自のテクノロジー「QuSome」の極小カプセルで包み込むことで、壊れることなく角層まで浸透させることができます。

コクのある濃厚な美容液で、肌に速やかになじむテクスチャーをしています。目尻や額や眉間などの年齢による小じわを改善し、なめらかで弾むような肌へ導いてくれる美容液です。

Qusomeホワイトクリーム1.9

Qusomeホワイトクリーム1.9
シミや肌のくすみが気になる人には「Qusomeホワイトクリーム1.9」の単品使いがおすすめです。肌のブライトニング効果のあるハイドロキノン配合のナイトクリームです。

ハイドロキノンは肌の透明感を高める効果があります。この「ハイドロキノン」をビーグレン独自の浸透テクノロジー「QuSome」と融合させることにより、効果のスピードアップと低刺激性を実現しています。

紫外線ダメージを消して、澄み切った肌へ導いてくれるナイトクリームです。

ビーグレンの単品使いのデメリットは?

女性 悩み

ビーグレンは単品使いでも使用可能ですが、単品使いすることによるデメリットはあるのでしょうか?

考えられるデメリットは以下の2点です。

  • 肌への刺激が出てしまう可能性がある
  • ライン使いの方がより効果が期待できる

以上のデメリットについて順に解説します。

肌への刺激が出てしまう可能性がある

ビーグレンは他の一般的なスキンケア製品と同様に、ライン使いを前提として製造されています。

pH値がライン使いしたときに、ちょうど良いバランスで製造されているため、単品使いだと、人によって刺激が強い可能性があります。

pH値とは酸性とアルカリ性の度合いを数値化したものです。健康な肌はpH値4.5~6.0程度の弱酸性ですが、脂性肌の人は酸性、乾燥肌の人はアルカリ性にpH値が傾いています。こういった肌質に合わせてpH値がバランス良くなるように調整されているのです。

ただし、肌への刺激に個人差があるとはいえ、肌の様子を見ながら使用すれば問題ありません。まずは様子を見るために、ビーグレンが自分の肌に合うかどうか心配な人は「パッチテスト」を行ってください。パッチテストで特に問題がなければ、継続して使い続けてみましょう。

ライン使いの方がより効果が期待できる

ビーグレンは単品使いでも充分に効果が期待できますが、やはりライン使いの方がより多くの効果が得られます。

同じメーカーの同じ製法で作られている商品で揃えた方が相性が良いため、よりビーグレン本来の力が発揮されるのです。

そうは分かっていても、費用面の問題でライン使いは迷ってしまう人も多いでしょう。「ライン使い」と「単品使い」で迷ってしまった場合は、まずは安価に試せるトライアルセットの使用がおすすめですよ。

ビーグレンを「単品使い」と「ライン使い」で迷ったら?まずはトライアルセットがおすすめ

ビーグレン トライアル

トライアルセットとは、化粧水や乳液やクリームなどが少量ずつ、一式揃っているセットのことです。

ビーグレンはトライアルセットなら1,980円(税込)で気軽に試せます。

これから初めてビーグレンを利用する人や、ビーグレンを始めるべきか迷っている人にもおすすめです。肌悩み別にセットが組まれているので選びやすく、あれこれ悩まずに済みますよ。

ビーグレンのトライアルセットは以下の6種類から選べます。

ビーグレンのトライアルセット一覧

  • 肌の透明感がほしい人は青の「トライアルセット1」
  • たるみを改善したい人は紫の「トライアルセット2」
  • シワ改善や肌にハリがほしい人は黄色の「トライアルセット3」
  • 毛穴ケアをしたい人はピンクの「トライアルセット4」
  • ニキビ肌を治したい人は赤の「トライアルセット5」
  • 肌の乾燥を改善したい人は水色の「トライアルセット6」

シミ・くすみ・色素沈着の悩みなら | 青のトライアルセット1

ホワイトプログラム トライアルセット

 

たるみ・ほうれい線の悩みなら | 紫のトライアルセット2

たるみ・ほうれい線プログラム トライアルセット

ほうれい線プログラム トライアルセット

 

肌のシワ・ハリの悩みなら | 黄色のトライアルセット3

エイジングプログラム トライアルセット

エイジングプログラム トライアルセット

 

毛穴ケアの悩みなら | ピンクのトライアルセット4

毛穴プログラム トライアルセット

毛穴プログラム トライアルセット

 

ニキビの悩みなら | 赤のトライアルセット5

ニキビプログラム トライアルセット

ニキビプログラム トライアルセット

 

乾燥・保湿の悩みなら |水色のトライアルセット6

保湿プログラム トライアルセット

保湿プログラム トライアルセット

上記6つのどれを選んでもたったの1,980円(税込)という価格は嬉しいですね。ビーグレンの商品が気になっている人はぜひ試してみてください。

\ 一人一回限りのトライアルセット /
今すぐ1,980円でお得に始める
送料無料!365日返金保証付き!

ビーグレン「単品使い」まとめ

最後に今回の記事の内容をまとめます。

  • ビーグレンは単品使いOK
  • 肌悩み別にピンポイントで単品使いが可能
  • 口コミでも使用感や効果面で高評価
  • 迷ったときはトライアルセットがおすすめ

結論からいうと、ビーグレンは単品使いでも充分に効果を実感できます。ビーグレン独自のテクノロジーである「QuSome」が、有効成分をしっかり角層まで浸透させてくれるので、高い効果が期待できるからです。

肌の悩み別にアイテムが揃っているので、自分の悩みに合わせてピンポイントで選びやすいのがポイントですね。肌の乾燥・小じわ・シミ・くすみなど、30代以降の女性特有の肌悩みを解決させるアイテムが揃っています。

ビーグレンはアラフォー女性に人気が高く、口コミで高評価なところも印象的でした。自分のための時間が取れなかった忙しい女性でも、「自分の肌と向き合う時間の楽しさを感じるようになった」「人に褒められるような肌になれて嬉しい」など、効果を実感できたという口コミが多くありました。

もしビーグレンの「どのアイテムを使うべきか」迷ったとき、あるいは「ライン使いか単品使いか」迷ったときは、1,980円(税込)で気軽に試せるトライアルセットから選ぶのがおすすめですよ。ぜひあなたもビーグレンのスキンケアで、理想の肌を手に入れてくださいね。