【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2019について

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 霞ヶ池 タイトル写真




こんにちは!新米おばあちゃんです。
みなさんは「秋」といえば何が楽しみですか?
食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋、紅葉の秋などなど。楽しみがいっぱいありますね。


石川県金沢市の中心部にあり、国の特別名勝に指定されている兼六園は、水戸の偕楽園、岡山の後楽園とならぶ日本三名園の一つで、秋にはとてもすばらしい紅葉が観られます。

日本には四季があり、兼六園はどの季節もそれぞれに美しく、それぞれに異なった趣が楽しめるまさに名園です。

今回は「秋」の深まりとともに、色鮮やかに変化する兼六園の紅葉の見ごろや、見どころスポット、駐車場情報などをまとめてみました。

この記事を読んでわかること
・紅葉の見頃
・紅葉ライトアップ期間
・見どころの人気スポット(6ヵ所)
・混雑時間
・おすすめの宿泊予約サイト

兼六園の紅葉の見頃はいつ?

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 見頃はいつ?

出典:協同組合兼六園観光協会



【紅葉の見ごろの時期】11月中旬~12月中旬

今年の兼六園の紅葉の見ごろは、いつなんでしょう。楽しみですね。

モミジ、サクラ、ケヤキ、ニシキギ、ドウダンツツジなどが、色鮮やかに紅葉し見ごたえがあります。

「兼六園」「玉泉院丸庭園」の今のようすを見ることができます
紅葉状況をチェックするにもお役立ちです!
(石川県金沢城・兼六園管理事務所/開園時間中のみ放映)

・↓↓「兼六園」ライブカメラによる今のようす(徽軫灯籠(ことじとうろう)周辺)

兼六園ライブカメラ(ことじ灯籠周辺)はこちら

・↓↓「玉泉院丸庭園」ライブカメラによる今のようす

玉泉院丸庭園ライブカメラはこちら

※2019年分が公表され次第差し替えます
↓↓ 2018年・兼六園の紅葉情報(日本気象協会)はこちら

2018年・兼六園の紅葉情報

※2019年分が公表され次第差し替えます
↓↓ 2018年・日本全国紅葉見ごろ予想はこちら(10/17第3回 日本気象協会発表)

2018年・日本全国紅葉見ごろ予想<第3回発表>

※紅葉見ごろ予想はイロハカエデが対象。北海道は地点により、ヤマモミジ、オオモミジ、イタヤカエデが対象。

全国主要地点の紅葉見ごろ時期のほかに「〇〇地方の紅葉情報を詳しく見る」では、その地方の県別の有名紅葉スポットごとに、「紅葉情報」「アクセス」が詳しく掲載されています。

紅葉の見ごろは秋の気温が低いと早まり、高いと遅れるので、日本気象協会では10月に第2、第3回の予想を発表するようです。

兼六園の開園時間・入園料・出入り口

兼六園の開園時間・入園料

【住所】〒920-0936 金沢市兼六町1-4

【電話番号】076-234-3800

【開園日】年中無休

【開園時間】
 ♦ 3月 1日~10月15日 7:00~18:00(退園時間)
 ♦ 10月16日~2月末日 8:00~17:00(退園時間)

【入園料】
 ♦ 18歳以上:310円
 ♦ 6歳~18歳未満:100円

入園料が免除になる方

♦ 65歳以上は無料

公的機関が発行する免許証や保険証の提示が必要です

♦ ↓↓ その他免除になる方と提示書面についてはこちら
兼六園の入園料と免除はこちら

お得な「兼六園+1(プラスワン)利用券」について

兼六園と周辺の文化施設(1施設のみ)の入館料がセットになったお得なチケットがあります

↓↓ 対象文化施設と休館日などはこちら
「兼六園+1(プラスワン)利用券」について

入園に関する注意事項

♦ 園内での喫煙は、指定された場所以外ではできません

♦ 園内へペットを連れての入園はできません

↓↓ 園内の「授乳スペース」「車いす」「ガイドサービス」などのご利用についてはこちら

兼六園の利用案内

兼六園の出入り口(料金所)7ヶ所

兼六園には「出入り口(料金所)」が7ヶ所あります。

周辺の観光施設やご利用の交通機関、ご利用の駐車場に近い出入り口を7ヶ所から選んで入園・退園ができます。

出入口7ヶ所の位置は次の通りです。

▼兼六園の出入り口(料金所)7ヶ所

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 兼六園の出入り口7ヶ所

出典:協同組合 兼六園観光協会


兼六園の無料入園日・時間

兼六園には入園が無料になる日や期間、時間帯があるんですよ。ご都合のつく方にはうれしいですね。

1:毎日早朝

毎日早朝、有料の通常開園時間の15分前までは無料です

↓↓ 時期によって、時間帯が異なります

時  期 早朝無料の時間帯
3月1日~3月31日 5:00~6:45
4月1日~8月31日 4:00~6:45
9月1日~10月15日 5:00~6:45
10月16日~10月31日 5:00~7:45
11月1日~2月末日 6:00~7:45

有料開園時間の15分前までには、退園しなくてはいけないのでご注意ください

早朝の無料開園の出入り口は下記の2か所のみです

↓↓「蓮池門口(れんちもんぐち)」「随身坂口(ずいしんざかぐち)」

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 兼六園見どころマップ 早朝出入り口2か所

出典:協同組合 兼六園観光協会


2:無料入園日と期間

兼六園は下記の日や期間は、入園料が無料となっています。

  • 期間12月31日~1月3日までの年末年始
  • 大晦日から元旦にかけては、夜間も開放されています

  • 観桜期の1週間
  • 毎年、桜の開花時期により変わります

  • 金沢百万石まつりの3日間
  • 8月14日から16日までのお盆の期間
  • 11月3日の文化の日
  • 定期的に行われる「金沢城・兼六園ライトアップ」の時期
  • 兼六園の県民観賞の日 / 毎週土・日曜
  • 石川県民で入園時に次のいずれかの提示が必要です

提示書面について

自動車運転免許証、身分証明書、健康保険証、健康手帳、
その他(県民であることが確認できるもの)




兼六園・金沢城のライトアップ期間は?

↓↓2019年分が公表され次第差し替えます

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 兼六園 紅葉 秋の段2018チラシ表 新

出典:公益社団法人石川県観光連盟



↓↓2019年分が公表され次第差し替えます

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 兼六園 紅葉 秋の段2018チラシ裏

出典:公益社団法人石川県観光連盟



※2019年分が公表され次第差し替えます
↓↓ 2018年「金沢城・兼六園 四季物語 秋の段」チラシのダウンロードはこちら
  ♦「関連資料」の項目よりダウウンロードできます
2018年「金沢城・兼六園 四季物語 秋の段」チラシ


定期的に開催される『ライトアップ期間中』の17:30〜21:00は、入園料が無料になります。

兼六園には四季折々の美しさや趣がありますが、一日の中でも早朝、日中、夜のライトアップの時間帯でも、それぞれ異なった美しさや趣があります。

兼六園、金沢城公園、玉泉院丸庭園がライトアップされる時間帯は、樹木や建造物が照明で浮かび上がり、日中とは全く異なった表情でまるで別世界のようです。

特に風がなく、池の水面が鏡のような日には、雪吊りが照明で金色に輝き、その姿が反転して池に映る様子は、言葉では表現しつくせぬ美しさがあります。


※2019年分が公表され次第差し替えます
↓↓ ライトアップ期間中限定のおいしい企画もあるようです
ライトアップ期間中のおいしい企画!

1:おもてなしカフェ
【期間】期間中の土曜日のみ 11/10(土)、11/17(土)、11/24(土)、12/1(土)
【場所】霞ヶ池周辺

2:ライトアップ特別料理プラン
【期間】ライトアップ期間中
【場所】茶店通りの3店舗「茶屋 見城亭」「城山亭」「兼六園 三芳庵」

詳しくは上の掲載チラシ、またはチラシをダウンロードしてご覧ください


2019年(令和元年)【金沢城・兼六園 四季物語 秋の段】ライトアップ期間と時間

【ライトアップ期間】2019年11月2日(土)~24日(日)

【ライトアップ時間】17:30〜20:45 ※閉園は21:00  

【入 園 料】無料

【ライトアップされる場所】兼六園、金沢城公園、玉泉院丸庭園

兼六園の紅葉の見どころはどのエリア?

▼兼六園の紅葉の見どころエリア6か所

瓢池 (ひさごいけ)徽軫灯籠(ことじとうろう) 唐崎松(からさきのまつ) 
霞ヶ池 栄螺山(さざえやま) 山崎山(やまざきやま)

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 見どころ6か所

出典:石川県金沢城・兼六園管理事務所



「兼六園の見どころマップ」はこちら。番号を選ぶと『説明文』『動画』があります。説明文のみもあり。
↓↓
兼六園 見どころマップはこちら


それでは「紅葉の見どころスポット6ヶ所」を簡単にご紹介します。

↓↓ 番号は上記「見どころマップ」内の番号です

見どころ1:瓢池(ひさごいけ)⑧

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 2018瓢池
兼六園は江戸時代に、何代もの加賀藩主により長い歳月をかけて形づくられた「廻遊式」の大名庭園です。

その作庭はこの瓢池(ひさごいけ)の辺りから始まったといわれ、周囲には紅葉する木々が多く植えられていて、園内でも見逃せない紅葉の見どころの一つです。

この池の中ほどがくびれていて、瓢箪(ひょうたん)のような形をしていることから、瓢池と名付けられたそうです。

霞ヶ池から流れ落ちる高さ6.6m、幅1.6mの翠滝(みどりたき)があり、その水音が周囲に心地よく響き渡り静寂を醸し出しています。

池の中には不老長寿の島、神仙島をかたどった大小二つの島があります。

また中島には六重の苔むした石塔、海石塔が立っています。

翠滝の流れ落ちる景色と水音、瓢池周辺の紅葉した木々、苔むした海石塔、そして、それらが水面にも映り込む様子は、風情があり見ごたえがあります。

瓢池から少し離れたところに、日本最古といわれる噴水があります。

この噴水は、霞ヶ池の水面との高低差を利用した水圧で上がっているそうです。

こちらもお見逃しなく!(●ゝ∀・●)!!

見どころ2:徽軫灯籠(ことじとうろう)⑩

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 兼六園 紅葉 ことじ灯籠 新

出典:金沢市観光協会



徽軫灯籠(ことじとうろう)は霞ヶ池の岸にあり、水面を照らすための雪見灯籠が変化したもので高さは2.67mあります。

徽軫灯籠の2本脚が琴の糸を支える琴柱(ことじ)に似ているので、その名が付いたといわれています。

写真手前の湾曲したデザインの石の橋は、虹橋といい一枚の石でできています。

この橋は琴をもとにデザインされたもので、徽軫灯籠と景色の中で一体になっているそうです。(●´∀)b ナルホドー♪

四季を通して園内では一番人気の撮影スポットで、徽軫灯籠のそばにあるモミジは他の樹木よりも早目に紅葉するようです。

見どころ3:唐崎松(からさきのまつ)⑫

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 見どころ 唐崎松

出典:協同組合兼六園観光協会



唐崎松は黒松で、園内の樹木の中では枝ぶりが最も見ごとです。

毎年11月1日に始まる雪吊り作業は、この「唐崎松」からスタートするそうです。
また、春に雪吊りを取り外す作業も、この「唐崎松」が最後なのだそうです。

兼六園の冬の風物詩でもある雪吊りは、この唐崎松に始まり唐崎松に終わるということで、唐崎松は園内の樹木の中でもとても存在感があり、またその枝ぶりは雪吊りによって大事に保護されていることがわかります。

雪吊りの縄はライトアップされると金色に輝き、雪吊りを施された唐崎松の姿は端正で息をのむ美しさです。

見どころ4:霞ヶ池(かすみがいけ)⑬

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 霞ヶ池

出典:協同組合兼六園観光協会



兼六園はどの季節も、どの場所も、それぞれに美しく、それぞれに趣がありますが、中でも外せないのがこの霞ヶ池周辺です。

この池の周囲には、徽軫灯籠、唐崎松、紅葉する木々、浮島の蓬莱島、茶室の内橋亭(うちはしてい)などがあり人気の撮影スポットです。

そして紅葉が見ごろの時期でライトアップされる時間帯ともなれば、息をのむほどの絶景を目にすることができます。

徽軫灯籠+霞ヶ池+雪吊りの唐崎松+周辺の紅葉した木々+水面に映り込んだそれらの景色、さらにライトアップの全てを、1枚の写真に収めることができた方や、目にすることができた方は超ラッキーですね♪

見どころ5:栄螺山(さざえやま)⑯

紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 2018栄螺山

栄螺山(さざえやま)は、兼六園の眺望スポットのひとつです。(上の写真は栄螺山より唐崎松方向を撮影)

霞ヶ池を造るのに掘った土を盛土にしたといわれる築山で、高さが約9m、周囲が約90mで山腹をぐるぐる回りながら登っていく道が、栄螺(さざえ)に似ていることから名付けられたそうです。

高台なので隣接する霞ヶ池を一望できます。

栄螺山の山頂から霞ヶ池方面を見渡す景色は、霞ヶ池と周辺の紅葉した木々、雪吊りをした唐崎松、また水面に反転して映るそれらの木々、そして、その背景を金沢の紅葉した山々が彩り、とてもすてきな絵画のようです。

さらにライトアップされた風景は、まるで幽玄の世界です。

見どころ6:山崎山(やまざきやま)㉖

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 2018山崎山

山崎山は、栄螺山と同じく築山です。

高さが約9m、周囲が約160mで山頂への途中には五重塔、山頂には御亭(おちん)と呼ばれる休憩所があります。

また山麓の岩間から流れ出る水は、約570mの曲水となって霞ヶ池に注いでいるのも目にすることができます。

兼六園で最も奥(小立野口近く)にあり、モミジ、ケヤキ、トチノキなどの落葉樹が多く、別名「紅葉山」と呼ばれているくらいで、紅葉時期には最も外せない見どころです。

兼六園の紅葉以外の見どころスポット

兼六園には「紅葉の見どころスポット6ヶ所」のほかにも、たくさんの見どころがあります。

兼六園は『六勝』を兼ね備えているという理由から、文政5年(1822)にその名を与えられたそうです。

『六勝』とは「宏大(こうだい)」「幽邃(ゆうすい)」「人力(じんりょく)」「蒼古(そうこ)」「水泉(すいせん)」「眺望(ちょうぼう)」のことで、庭園ではこの六つのすぐれた景観を兼ね備えることはできないとされていました。

そんな中、この六つの景観が共存しているすばらしい庭園として、兼六園は賞されたそうです。

前章の「見どころマップ」のページには、ほかにも「施設マップ」「散策マップ」があります。

園内の散策にご活用いただき、限られた時間の中で効率よく、兼六園の魅力を余すことなくご堪能いただければと思います。


兼六園の紅葉時期の混雑時間は?

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 兼六園 ライトアップ

出典:ZEKKEI Japan



兼六園の紅葉時期は例年11月上旬~12月上旬で、この期間は観桜時期同様、平日、土日祝日関係なく混雑が予想されます。
(2018年兼六園紅葉見ごろ予想は11月中旬~12月中旬です。2018/10/17日本気象協会発表より)

1日の中でも11時頃~15時頃が混雑するので、平日のこの時間帯以外に行かれると、多少混雑を避けられるかなと思います。

時間に都合のつく方は、早朝の入場無料の時間帯に行かれる手もあります。

またライトアップの期間中は、さらに混雑が予想されます。

ライトアップ開始時から午後7時頃までは、混雑しやすいです。

兼六園の紅葉時期は駐車場も混雑する!

紅葉時期は観光客が通常よりもさらに増えることが予想され、それに伴って周辺道路の渋滞、駐車場の混雑が予想されます。

車で行かれる方は、平日よりも土日祝日、1日の中でも11時頃~15時頃は人出が多くなるので、この時間を避けて、できれば午前中早目の時間に行かれると多少混雑は避けられるかなと思います。

またライトアップは、17時30分~21時まで行われていますが、開始時間から19時頃までは大変混雑が予想されます。

車で行かれる場合は、17時頃までに到着しておくとよいと思います。

兼六園周辺の駐車場が混雑している場合のおすすめ対処法3つ ↓↓
1:車は兼六園から離れた駐車場を利用する

兼六園から離れた駐車場の方が空いていて、多分料金も安いと思います

あとはバスを利用したりタクシーを使う

天気がよければ徒歩もいいですね

2:観光周遊バスなどで効率よく金沢観光をする

兼六園は金沢市中心部にありバスが利用しやすく、周辺の石川県立美術館、石川県立博物館、金沢21世紀美術館、尾山神社などは徒歩圏内です

3:『北鉄バス1日フリー乗車券』を購入してお得に金沢観光をする

この乗車券は有効日に限り終日利用可能で、観光客に人気の対象施設の入場料が割引になる特典もあります

詳細と注意事項については、次の章をご参照ください

ひがし茶屋街、にし茶屋街、妙立寺(通称:忍者寺)なども、観光で駐車場が混雑する時期は、車で移動するよりもバス等を利用される方が、効率よく、お得に、お楽しみいただけるのではないかと思います。

次の章では、観光客の方には便利で効率よく金沢観光ができるバスをご紹介します。

兼六園や金沢市中心部の観光名所を周遊するバス

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 金沢ライトアップバス

出典:北陸鉄道株式会社

北鉄バスでは観光客の皆様に効率よく金沢観光を楽しんでいただけるように、さまざまなバスを運行しています。

例えば次のようなバスがあります。

  • 城下まち金沢周遊バス(右回りルート、左回りルート)
  • 兼六園シャトル 兼六園・金沢城や周辺観光におススメ!
  • 金沢ライトアップバス 夜の金沢散策におススメ!
  • 定期観光バス「かなざわめぐり」
バスを利用される方へ

何度も乗るなら『北鉄バス1日フリー乗車券』がお得!
【料金】大人(中学生以上)500円/子供(小学生)250円

・『1日フリー乗車券』有効日に限り終日利用可能
利用できるバスは「城下まち金沢周遊バス」「兼六園シャトル」

・金沢市内中心部の指定エリア内の路線バスにも乗車できます
指定エリアを超えた場合には、追加料金が発生します

・『1日フリー乗車券』を提示すると、対象施設が当日限り入場料が割引になります

バスでの車内販売はしていませんので、事前に取扱窓口やホテル等で購入してください

※「割引対象施設」「『1日フリー乗車券』取扱窓口」などは、下記2:『北鉄バス1日フリー乗車券利用上の注意事項など』についてでご確認ください

1:『金沢観光をされる方へ-北鉄バスでめぐる金沢観光-』について
金沢観光をされる方へ -北鉄バスでめぐる金沢観光-はこちら

2:『北鉄バス1日フリー乗車券利用上の注意事項など』について
北鉄バス1日フリー乗車券はこちら

3:『主要停留所乗り場案内』について
市内主要停留所のりば案内はこちら

4:『主な観光地へのアクセス』について
主な観光地へのアクセスはこちら

金沢ライトアップバスを利用される方へ

何度も乗るなら『金沢ライトアップバス専用フリー乗車券』がお得!
【料金】大人(中学生以上)500円/子供(小学生)250円

夜の金沢散策におススメです!うれしい「ご利用特典」あり

【金沢ライトアップバス】ご利用特典!予約不要

観光ボランティアガイド「まいどさん」の案内で、約30分のひがし茶屋街散策が楽しめます\(*^▽^*)/コレハイイ‼

金沢駅を19:00~20:15までに発車するライトアップバスに乗り、「橋場町バス停」で下車してからの案内になります。

「金沢ライトアップバス」の運行日と運行時間
2019年4月~2020年3月

運行日 毎週土曜日
2019年12月28日(土)は運休
特別運行日
4月 28日(日)、29日(月/祝)、30日(火/祝)
5月 1日(水/祝)、2日(木/祝)、3日(金/祝)
5日(日/祝)
7月 14日(日)
8月 11日(日/祝)、12日(月/振休)
9月 15日(日)、22日(日)
10月 13日(日)
11月 3日(日)
2020年
2月 9日(日)
運行時間 19:00~21:45(金沢駅発)
15分間隔で循環運行
金沢駅21:00以降発の便は金沢駅止まり
最終便の金沢駅着は22:36

↓↓「金沢ライトアップバス」の詳細はこちら:金沢市観光協会
金沢ライトアップバスの詳細はこちら

兼六園周辺の天気とおすすめの服装

北陸の天気は1日の中でもコロコロ変わりやすく、「弁当忘れても、傘忘れるな」という諺(ことわざ)があるくらいです。

特に紅葉が見ごろの時期は、晩秋で雨に濡れるととても冷たいので観光客の方々は気をつけて下さい。
観光で体調が悪くなると折角の楽しみが台無しになることもありますので、季節の変わり目には特に気をつけてください。


♦ 日本気象協会のサイトでは、全国の今日、明日、週間の「服装指数」「天気」「気温」「降水確率」を調べることができます。

旅行の準備やお出かけ前にはチェックされて、天気予報に合わせた服装選びと、体調管理にご活用されることをおススメします。

金沢(加賀)の週間服装指数はこちら:日本気象協会
↓↓
金沢(加賀)の服装指数・天気・気温・降水確率

兼六園以外の石川県内紅葉おすすめスポット2ヵ所

アメリカ楓通り

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 金沢市広坂 アメリカ楓通り 紅葉 新

出典:金沢市観光協会



アメリカ楓通りは“広坂緑地”と“いしかわ四高記念公園”との間にある綺麗な並木道のことで、兼六園から歩いて10分ぐらいのところにあります。

金沢市役所前から金沢城・玉泉院丸口とを結ぶ全長約200mの直線道路で、両脇にはアメリカ楓が街路樹として植えられています。

アメリカ楓は別名モミジバフウといい、葉の形はモミジを大きくしたような形をしています。

新緑の季節もきれいですが、秋が深まるにつれて黄色や真っ赤に紅葉する季節もまた格別です。

撮影スポットとしてもおすすめです。ステキな写真が撮れると思います。

山中温泉・鶴仙渓(かくせんけい)

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 紅葉 山中温泉 鶴仙渓 新

出典:石川県観光連盟





※2019年分が公表され次第差し替えます
↓↓ 2018年・鶴仙渓の紅葉情報(日本気象協会)はこちら

2018年・鶴仙渓の紅葉情報

【紅葉の見ごろの時期】11月下旬~12月中旬

鶴仙渓は山中温泉街に沿って流れる大乗寺川の渓谷で、石造りの“黒谷橋”から檜造りの“こおろぎ橋”まで約1.3kmの遊歩道が整備されています。

こおろぎ橋と黒谷橋の中間ぐらいには、あやとりの橋のような斬新なデザインで、鉄筋造りの“あやとりはし”があります。

遊歩道とそれぞれの橋から眺める景色はどの季節も絶景ですが、秋の紅葉時期はまた格別です。インスタ映えするスポットとして人気があります。

また他にもゆげ街道にある鶴仙渓眺望広場と山中座広場の2か所にも、インスタ映えすると人気のスポットがあります。

は渓谷を流れる川のせせらぎを聴きながら、遊歩道沿いの紅葉狩りとインスタ映えする人気スポットでの写真撮影。

は1300年の歴史を誇る山中温泉の湯にゆったりと浸かり、北陸の海と山の幸に舌鼓を打つ。
そんな楽しみ方もいいですね♪♪

おすすめの宿泊予約サイト

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について おすすめの宿泊予約サイト

宿泊予約は「Booking.com」で!!お得・簡単・早い!

「Booking.com」は世界最大級の宿泊予約サイトです。「旅行」にも「出張」にもとっても便利です。

国内も海外も宿泊の「検索」「比較」「予約」がとっても簡単です。

例えば「検索」で次のように入力すると

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 宿泊予約サイト01
↓↓
金沢市:●●軒が見つかりました(本日●●軒は特にお得!) と表示されます

【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 宿泊予約サイト02

上記のように●●軒分の宿泊施設が表示され、特にお得な宿にはオレンジ色のラベルが付いています。

  • 「本日のお得宿」:ご希望の日程でのお値打ち価格
  • 「HOLIDAYセール」:15%以上の割引対象。セール期間は●月●日~●月●日

また、それぞれの宿の右上「クチコミ」あたりにカーソルをもっていくと、次の6項目別のクチコミ評価が瞬時に確認できます。

1:快適さ
2:スタッフ
3:ロケーション
4:清潔さ
5:施設、設備
6:お得感

◆「検索」するときに「絞り込み検索:」にもチェックを入れると、お好みの宿が早く見つけやすいですね。「予算」「人気の絞り込み条件」「市内中心部からの距離」など他にもいろいろあります。


詳しくは「今すぐBooking.comでお得に予約する」ボタンで!
↓↓

\ 宿泊予約がお得で簡単で早い♪ /
今すぐBooking.comでお得に予約する


昨年の兼六園の紅葉 2018年11月24、25日に撮影

両日ともに小春日和の穏やかな日で、兼六園は『紅葉の見ごろの時期』とシルバーウィークとが重なり大勢の観光客で賑わっていました。

日中もライトアップ時もほぼ無風状態。

紅葉もまさに見ごろの時期を迎え、絶好の撮影日和でした。

まるで錦絵のような景色に加え、池の水面にも反転した雪吊りや色鮮やかな木々が映り込み、それはそれは見ごとでした。

あちらこちらから「うわーっ、きれい!!」と、感嘆の声が…ヽ(*´▽`*)ノ ♪♪ 

2018年11月24、25日に撮影してきた写真をご紹介します。


↓↓【唐崎松】左下に小さく徽軫灯籠(ことじとうろう)が見えます
【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 2018唐崎松

↓↓【霞ヶ池】栄螺山より撮影
【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 2018霞ヶ池

↓↓【霞ヶ池と蓬莱島】
【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 2018霞ヶ池と亀島

↓↓【日本最古といわれている噴水】
【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 2018噴水

↓↓【山崎山】
【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 2018山崎山

↓↓【徽軫灯籠(ことじとうろう)と蓬莱島 ライトアップ】
【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 2018ことじ燈籠ライトアップ

↓↓【霞ヶ池 ライトアップ】栄螺山より撮影
【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 2018霞ヶ池ライトアップ

↓↓【山崎山 ライトアップ】
【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 2018山崎山ライトアップ

↓↓【瓢池 ライトアップ】
【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2018について 2018瓢池ライトアップ

まとめ

兼六園は訪れたことはあるけれど、紅葉の見ごろの時期はまだという方。

紅葉の見ごろの時期には訪れたことはあるけれど、日中だけ、ライトアップだけという方。

ぜひ紅葉の見ごろの時期に、日中とライトアップされている時間帯の両方にお出かけいただき、まるで錦絵のような兼六園の異なった表情をご堪能いただければと思います。

また観光客の方ばかりではなく、地元の方には無料開放期間や早朝、県民観賞の日、ライトアップの時間帯などの、うれしい入園無料の日や時間帯も利用しやすいと思います。

ご都合のよい時に気軽にお出かけいただき、日本三名園の一つ・兼六園の四季折々の魅力を身近で感じられる贅沢をぜひお楽しみいただければと思います。

観光地で問題になっていることがあります

♦ 写真撮影について

人気撮影スポットでは大勢の方が列をなして、順番に写真撮影をしていることがあります。

他人の迷惑を気にせずに長時間そのスポットを占拠することがないように気をつけましょう。

また自撮りも含め、関係のない人が写り込んだ写真をSNSにアップしたり何かに使用したりしないようにしましょう。

♦ ゴミ捨てについて

ゴミは景観を損ねます。ゴミ捨てには気をつけましょう。

ゴミ箱を設置してある場合は、観光地の自治体指定の分別方法に従って捨てましょう。

ゴミ箱を設置してない場合は自分のゴミは自分で持ち帰りましょう。

ゴミ箱の有無は行ってみないとわからないことが多いと思います。

観光地へお出かけの際はゴミ袋を用意して行かれると安心ですね。

ゴミ箱を設置してある場合でも、その場所までゴミを持って行くのにゴミ袋があると便利です。

よく読まれている関連記事

>>【2019春】兼六園の桜の見頃・開花予想・人気スポットや花見ライトアップ
>>石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019