石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2018 タイトル画像




こんにちは!新米おばあちゃんです。
もうすぐホタルの季節になりますね。

初夏の風物詩「ホタル」を金沢市中心部で観賞できるなんてステキ。+。.:*・

しかも「特別名勝 兼六園」と「金沢城外濠公園 白鳥路」で!

ホタルが舞う時期に石川へ観光に来られる方は、ぜひお立ち寄りいただければと思います。

特に「兼六園」で幻想的なホタルの舞を観賞できたら超ラッキーですねヽ(^◇^)/

今回は金沢市中心部でホタル観賞ができるおすすめスポット2ヶ所「兼六園」と「白鳥路」をご紹介します。

この記事を読んでわかること
・蛍(ホタル)の生態と発光
・兼六園「ホタル観賞会」
・金沢城外濠公園 白鳥路「ホタル観賞の夕べ」
・おすすめの宿泊予約サイト

蛍(ホタル)について

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 蛍(ホタル)について

ホタルの種類

ホタルは全世界で約2000種類、日本国内では約50種類、石川県内では約7種類生息しているそうです。

日本でホタルといえば、発光する代表的な種類のホタル「ゲンジボタル」「ヘイケボタル」「ヒメボタル」などをさすことが多いのですが、実は成虫は発光しない種類の方が多く、発光する種類は珍しいのだそうです。

成虫は発光しない種類でも、卵や幼虫は殆どの種類が発光するそうです。

ホタルのエサ

卵から孵化(ふか)した「ゲンジボタル」「ヘイケボタル」の幼虫は、成虫からは想像もつかないイモムシのような姿で、幼虫時代を水中で過ごしエサのカワニナ、モノアラガイ、タニシなどの淡水生巻貝の軟体部にかみつき、消化液を分泌して肉を溶かしながら食べます。ちょっと気持ち悪いですね…

しかし成虫になってからは水を摂取するのみで、幼虫時代に蓄えた栄養分だけで活動したり産卵します。

そして蓄えられた栄養分を消化しきってしまうと、寿命がつきてしまうのです。

また、成虫は川の水は一切飲まず、夜露(よつゆ)しか飲みません。ですから成虫はウンチをしないそうです。

ホタルの成虫の口について

ホタルは成虫になるときには、口が退化してしまいます。

ですから「成虫は水しか飲みません」というよりは、「成虫の口は退化して水を飲むことしかできません」なのです。

ホタルの活動

発光するホタルは「夜行性」が多く、昼間は木や草むらで動かずに過ごし夜間に活動します。

活発に活動する【時間帯】と【気象条件】は次のようです。

時間帯
1夜に3回あります
1:20時~21時ごろ ←この時間が一番多く飛翔します
2:23時ごろ
3:2時ごろ

気象条件
次のような条件が揃うとよく飛翔します
1:月明かりがない
2:雨上がり
3:気温が25~26度
4:湿度が高くムシムシしている
5:風がない

オスは飛び回りますが、メスは草や木に止まっていることが多いです

「ゲンジボタル」と「ヘイケボタル」の特徴

石川県内に生息する主な2種のホタル「ゲンジボタル」と「ヘイケボタル」のおもな特徴は次のようです。

▼「ゲンジボタル」と「ヘイケボタル」の特徴

種類 ゲンジボタル ヘイケボタル
体長 10~20㎜前後

メスの方が体が大きい

7~10㎜前後

メスの方が体がやや大きい

体の特長 成虫の前胸部中央に黒い十字型模様あり 成虫の前胸部中央に黒い縦すじ模様あり
発生時期 6月上旬~6月下旬 6月中旬~7月下旬
生息場所 水のきれいな小川や用水流水域 水田、用水、池止水域
幼虫のエサ カワニナ カワニナ、モノアラガイ、タニシなど
発光のしかた ゆっくり一斉に明滅

約25~30回/分

強い光

速く別々に明滅

約30~40回/分

ゲンジボタルに比べ弱い光

成虫の生存期間 1~2週間 1~2週間

蛍(ホタル)の発光について

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 蛍(ホタル)の発光とは

ホタルの発光器

発光するホタルは腹部先端の発光器から「光」を出します。

その発光器の中には「ルシフェリン」という発光する物質と、発光するのを助ける「ルシフェラーゼ」という酵素があり、これと体内のATP(アデノシン三リン酸)という物質が反応して光るそうです。

ATP(アデノシン三リン酸)とは、全ての動植物や微生物の細胞内に存在する分子のことだそうです。

また「ルシフェラーゼ」はホタルの種類によって違い、光る色に違いがみられるのはそのためだそうです。

一般的には黄緑色の光ですが、黄色やオレンジ色などに光るホタルもいます。

これらホタルの光は「冷光」とよばれ熱を出しません。

★「ゲンジボタル」の発光器 オスメスの違い
発光する部分はオスは2節メスは1節オスの方が明るく光ります。

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 ホタルの発光器 メスとオスの違い

ホタルはなぜ発光する?

ゲンジボタル、ヘイケボタルはオス・メスを問わず、「卵」「幼虫」「蛹(さなぎ)」「成虫」と一生を通して光ります。

卵・幼虫・蛹(さなぎ)のときは『警戒行動』として光り、成虫になると『求愛行動などコミュニケーションをとるため』に光るといわれています。

ホタルでも発光しない種類や卵と幼虫時代だけ発光する種類、オスだけ光る種類もいます。

成虫が発光しない多くが「昼行性」のホタルは、性フェロモン(匂い)でコミュニケーションを行うといわれています。

また、コミュニケーションを光と性フェロモンの両方で行う「両行性」の種類もいるそうです。

【金沢・兼六園】ホタル観賞会の開催日時・見どころマップ

金沢城・兼六園四季物語 夏の段 ホタル観賞会

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 金沢城・兼六園 四季物語 夏の段 ホタル観賞会 チラシ

出典:公益社団法人 石川県観光連盟



石川の代表的観光名所・兼六園「金沢城・兼六園四季物語 夏の段 ホタル観賞会」が、今年も開催されます。

日本三名園の一つ、特別名勝兼六園でホタルの観賞ができるなんてステキ!

しかも、入園無料です!!

石川県内にお住まいの方でもご存知ない方が多いのではないでしょうか?

夜の名園・兼六園は、昼とはまた違った趣があります。

普段は閉園している時間に無料で入園できて、しかも幻想的なホタルの舞を観賞できるのですから、観光客の皆様、石川県民の皆様、見逃す手はありませんよー。

きっと思い出に残るステキなひとときを、お過ごしいただけるものと思っております。
また、解説員の方もいらっしゃるので、ぜひこの機会にいろいろ質問してみてくださいね。

【場所】兼六園
〒920-0936 金沢市兼六町1
入退園は「蓮池門口」「小立野口」の2ヶ所のみです

▼兼六園周辺地図




▼兼六園ホタル観賞会の入退園口2ヶ所:「蓮池門口」「小立野口」

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 兼六園ホタル観賞会 入園口2ヶ所

出典:石川県金沢城・兼六園管理事務所



【開催日・全4日】
2019年7月13日(土)、14日(日) ←終了しました
2019年7月19日(金)、20日(土) ←終了しました

※荒天等により中止・変更となる場合があります

【開催時間】
19:30~21:10
閉園は21:30

【入園料】
無料

【問い合わせ先】
石川の四季観光キャンペーン実行委員会(石川県観光企画課内)
電話:076-225-1542 

7月20日(土)のみ 工芸体験ができます!上のチラシ右下に記載あり
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 金沢城・兼六園 四季物語 夏の段 ホタル観賞会 7月20日工芸体験
【場所】石川県立伝統産業工芸館/兼六園の入園口「小立野口」に隣接
〒920-0936 金沢市兼六町1-1 電話:076-262-2020

【受付時間】当日16:00~20:00(閉館20:30) ←終了しました
【体験内容】「光るほたるの水引ブレスレットを作ろう」
蓄光ビーズを通した水引でブレスレットを作ります
【材料費】500円

※予約不要
※入館無料の1階で行います(2階は有料)

兼六園ホタル観賞会 見どころマップ

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 兼六園ホタル観賞会 見どころマップ

出典:公益社団法人 石川県観光連盟

注意点

  • 入退園は「蓮池門口」「小立野口」の2ヶ所のみです
  • 散策可能なコースが決められています(見どころマップの黄色ルート)
  • フラッシュ撮影は禁止です
  • ホタル観賞のため照明は暗くなっています
    安全のためスタッフの方の誘導指示に従って下さい

参加される方へ

  • 荒天等により中止、変更となる場合があります
  • 天候等によりホタルが現れないこともあります
  • 照明が暗くなっているため、歩きやすい安全な履物でご参加ください
  • 「兼六園ホタル観賞会 見どころマップ」をご覧いただき「ホタルがよくみられる場所」「蓮池門口・小立野口の位置」「散策可能なコース」をご確認ください

「夏の段 兼六園ホタル観賞会」チラシ・「兼六園ホタル観賞会 見どころマップ」はこちら

【金沢城外濠公園 白鳥路】ホタル観賞の夕べの開催日時

白鳥路ホタル観賞の夕べ

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 白鳥路ホタル観賞の夕べ チラシ

出典:金沢市

「兼六園」のすぐそばにある「金沢城外濠公園 白鳥路」でも、毎年「白鳥路ホタル観賞の夕べ」が開催されます。

この公園もまちなかにあり、園路はいつでも自由に人が行き来できるにもかかわらず、今どきホタル観賞ができるという貴重な場所です。

園路に沿って整備された水路には、石川門近くにある井戸のきれいな水(地下水)が流れ、ホタルの幼虫の餌となる巻貝(カワニナ)なども見ることができます。

しかし白鳥路が整備された当初はホタルはいなかったそうです。

昭和62年から平成7年までホタルの幼虫を放流し環境保全に務めたことによって、以降は放流しなくても毎年ホタル観賞ができる豊かな自然環境が保たれているそうです。

また白鳥路のホタルのお世話をする「白鳥路ホタルの会」というボランティア団体が結成され、「白鳥路ホタル観賞の夕べ」でも解説員や案内役として活動されています。

【場所】金沢城外濠公園 白鳥路
〒920-0937 石川県金沢市丸の内6

▼金沢城外濠公園 白鳥路:大手堀側入口
園路は案内板左側の入口より、兼六園側入口に向かって300mほど続いています
入口には白鳥像があり公衆トイレもあります

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 金沢城外濠公園白鳥路 大手堀側入口

▼金沢城外濠公園 白鳥路:兼六園側入口
園路は案内板右側の入口より、大手堀側入口に向かって300mほど続いています
入口には前田利家像があり公衆トイレもあります

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 金沢城外濠公園白鳥路 兼六園側入口

【開催日】
2019年6月7日(金)~9日(日) ←終了しました
2019年6月14日(金)~16日(日) ←終了しました
※小雨決行
どなたでも自由に参加できます

【開催時間】
20:00~21:30

▼街灯が消され、園路沿いに配置された行灯のみになります
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 白鳥路ホタル観賞の夕べ 行燈
※開催日のこの時間は、白鳥路の園路のライトダウンが行われます。
よりホタル観賞をお楽しみいただきやすいように、足下を照らす行灯の灯りのみになります。
ホタルの観賞時期は上記の開催日時以外でも、街灯は通常よりも暗く設定されます。

【入園料】
不要
※園路は24時間いつでも自由に通行できる散策路になっています。

【駐車場】
無料駐車場はありません。
兼六園の近くなので、周辺には有料駐車場が点在しています。

【問い合わせ先】
金沢市環境政策課 電話:076-220-2304

「白鳥路ホタル観賞の夕べ」の詳細はこちら

★「白鳥路ホタル観賞の夕べ」パンフレット

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 白鳥路ホタル観賞の夕べ パンフレット01
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 白鳥路ホタル観賞の夕べ パンフレット02

出典:金沢市

「白鳥路ホタル観賞の夕べ」パンフレットはこちら

ホタル朗読会・ホタル解説会

【会場】金沢白鳥路ホテル山楽 2階「鳳祥」/金沢城外濠公園 白鳥路の大手堀側入口に隣接
〒920-0937 金沢市丸の内6-3 電話:076-222-1212
※無料駐車場はありません
兼六園の近くなので、周辺には有料駐車場が点在しています

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 白鳥路ホタルの夕べ2019 ホタル解説会・朗読会 会場

ホタル朗読会

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 白鳥路ホタルの夕べ2019 ホタル朗読会

金沢三文豪といわれる室生犀星、泉鏡花、徳田秋聲のホタルを題材とした作品の朗読会です。ホタルが飛び交う情景が目に浮かぶような演出です。

【開催日】2019年6月9日(日)、16日(日)
【開催時間】18:30~19:00
【参加費】無料
【朗読者】朗読小屋 浅野川倶楽部
【演目】
室生犀星作「ほたるのうた」:子供さんによるとても愛らしい朗読です
徳田秋聲作「蛍のゆくへ」、泉鏡花作「蓑(みの)谷」:ホタルが飛び交う昔懐かしい世界へ惹きこまれます
【対象】どなたでも
6/9(日)は小さなお子様からご高齢の方まで沢山の方が来場されていました
【定員】各60名程度
※電話にて申し込み必要
↓↓
金沢市環境政策課 電話:076-220-2507

ホタル解説会

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 白鳥路ホタルの夕べ2019 ホタル解説会

ホタルについて学んでみませんか?ホタル観賞がより楽しくなる解説会です。

【開催日】2019年6月9日(日)、16日(日)
【開催時間】19:15~19:45
【参加費】無料
【解説者】金沢ホタルの会
白鳥路で観賞できるゲンジボタルやヘイケボタルの生態についてや、白鳥路以外にまちなかでホタル観賞ができる場所、水源についても楽しく学ぶことができます
【対象】どなたでも
6/9(日)は小さなお子様からご高齢の方まで沢山の方が来場されていました
【定員】当日先着60名程度
※申し込み不要

◆問い合わせ先 金沢市環境政策課 電話:076-220-2507

蛍(ホタル)観賞の注意事項3つ

ホタル観賞をする際は、次のことにご注意ください。

1:フラッシュ撮影禁止です

懐中電灯なども当てたりしないでください

2:お話必要最小限とし、される場合は小声でお願いします

お子様連れの方は事前にお話しておいてください

3:虫よけ使用しないでください

蚊に刺されることもありますので、長袖・長ズボンの着用をおすすめします

  • ホタルは音や明かりにとても敏感です
  • 決して捕まえたりしないでください
  • みんなで注意事項をきちんと守り、幻想的な初夏の風物詩「ホタル観賞」を楽しみましょう

蛍(ホタル)豆知識

ホタルの一生

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 ホタルの一生イラスト

出典:金沢市環境政策課

ホタルの一生=寿命は、卵がふ化してからほぼ1年です。

ここでは金沢に生息する「ゲンジボタル」を例に、卵がふ化してからの「ホタルの一生」についてみてみましょう。
  • 6月下旬:産卵
  • 成虫になったオスとメスが交尾をし、メスが約500~1000個の卵を水辺のコケなどに産みつけます。卵の大きさは直径約0.5㎜。

  • 7月下旬:卵がふ化
  • 卵は約1ヶ月でふ化し、幼虫はすぐに水中に入って行きます。幼虫の体長は約2㎜。

  • 7月下旬~翌年5月:幼虫
  • 幼虫は水中で生活しカワニナなどのエサを食べながら、約9ヶ月ほどの間に5~6回脱皮をし、2.5~3㎝ほどに成長します。

  • 5月上旬:さなぎ
  • 幼虫も夜行性なので雨の日や雨上がりで陸地の土が柔らかくなっている夜に光りながら上陸します。そして、すぐに土の中にもぐり込み「土まゆ」を作り、その中で脱皮して「さなぎ」になります。それから約1ヶ月ほどで羽化し「成虫」になります。

  • 6月中旬:成虫
  • 土の中から出てきた成虫は草や木によじ登り、羽が固くなってから飛び始めます。そしてオスは気の合うメスを探して交尾をし、メスは産卵をします。成虫になってからは1~2週間しか生きることができません。オスはメスよりもやや寿命が短いようです。

陸生ホタルと水生ホタル

ホタルは一生を通して陸地で過ごす「陸生ホタル」が殆どですが、ゲンジボタル・ヘイケボタル・クメジマボタルは幼虫時代を水中で過ごす「水生ホタル」です。

そのため「水生ホタル」の幼虫には、水中の酸素を取り入れるためのエラがあります。また陸地にいるときは、このエラが気門の働きもします。

≪気門とは≫
昆虫など気管で呼吸する節足動物の体の側面にある空気が出入りする穴。

「水生ホタル」は日本ばかりではなく、世界的にもとても珍しいそうです。

生息地域による「ゲンジボタル」と「ヘイケボタル」の光り方の違い

日本に生息する「ゲンジボタル」と「ヘイケボタル」は、その地域によって光る間隔が異なります。

【ゲンジボタル】

  • 東日本:約4秒に1回光る
  • 西日本:約2秒に1回光る

【ヘイケボタル】

  • 本州、九州、四国:約0.5秒に1回光る
  • 北海道など寒冷地:約1秒に1回光る

このようなことから、たとえ同種のホタルであっても、光る間隔が違う地域に生息するホタルを捕まえて連れてきても、その地域に生息するホタルとはうまくコミュニケーションを行えないそうです。

おすすめの宿泊予約サイト

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 おすすめの宿泊予約サイト

宿泊予約は「Booking.com」で!!お得・簡単・早い!

「Booking.com」は世界最大級の宿泊予約サイトです。「旅行」にも「出張」にもとっても便利です。

国内も海外も宿泊の「検索」「比較」「予約」がとっても簡単です。

例えば「検索」で次のように入力すると

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 宿泊予約サイト01
↓↓
金沢市:●●軒が見つかりました(本日●●軒は特にお得!) と表示されます

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 宿泊予約サイト02

上記のように●●軒分の宿泊施設が表示され、特にお得な宿にはオレンジ色のラベルが付いています。

  • 「本日のお得宿」:ご希望の日程でのお値打ち価格
  • 「HOLIDAYセール」:15%以上の割引対象。セール期間は●月●日~●月●日

また、それぞれの宿の右上「クチコミ」あたりにカーソルをもっていくと、次の6項目別のクチコミ評価が瞬時に確認できます。

1:快適さ
2:スタッフ
3:ロケーション
4:清潔さ
5:施設、設備
6:お得感

◆「検索」するときに「絞り込み検索:」にもチェックを入れると、お好みの宿が早く見つけやすいですね。「予算」「人気の絞り込み条件」「市内中心部からの距離」など他にもいろいろあります。


詳しくは「今すぐBooking.comでお得に予約する」ボタンで!
↓↓

\ 宿泊予約がお得で簡単で早い♪ /
今すぐBooking.comでお得に予約する


【追記】6月9日

6月9日(日)夜「ホタル朗読会」「ホタル解説会」「白鳥路ホタル観賞の夕べ」に初めて参加してみました。

当日夕方はそのうち雨が降ってきそうな空模様で、気温はいつもより低めでした。

雨上がりで気温が25~26度で、湿度が高めのムシムシした日の方がホタルが現れやすいのですが…

朗読会、解説会後のホタル観賞の時間には、「雨が降ってきてホタルが見られないのではないか」「気温が低めなのでホタルが現れないのではないか」と不安でしたが、実際にはたくさん観られて期待以上でした。

白鳥路は久しぶりに訪れる場所でしたので、朗読会が始まるよりも早めに行き、明るいうちに散策もしました。

その散策時も含め「ホタル朗読会」「ホタル解説会」「白鳥路ホタル観賞の夕べ」の写真をご紹介します。

白鳥路:夕方

金沢城外濠公園 白鳥路を兼六園側入口から大手堀側入口に向かって全長約300mを散策したときの写真5枚です

▼白鳥路の兼六園側入口と前田利家像
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 金沢城外濠公園白鳥路 兼六園側入口 前田利家像

▼白鳥路内の標識
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 金沢城外濠公園白鳥路内標識

▼白鳥路内の注意事項 
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 金沢城外濠公園白鳥路内注意事項

▼白鳥路の中ほどにある金沢三文豪の像:左から室生犀星、泉鏡花、徳田秋聲
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 金沢城外濠公園白鳥路 金沢三文豪の像

▼白鳥路の大手堀側入口と白鳥像
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 金沢城外濠公園白鳥路 大手堀側入口と白鳥像

ホタルに関する写真

▼白鳥路の水路
ホタルの幼虫のエサのカワニナなどがいます
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 金沢城外濠公園白鳥路 水路にいるカワニナ

▼白鳥路の大手堀側入口にある「ホタルの一生」の解説板と「ホタル確認数」
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 金沢城外濠公園白鳥路 ホタルの一生の解説版とホタル確認数

▼「白鳥路ホタル観賞の夕べ」でみたホタル(静止)
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 白鳥路ホタル観賞の夕べで観賞したホタル(静止)

▼「白鳥路ホタル観賞の夕べ」でみたホタル(飛翔)
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 白鳥路ホタル観賞の夕べで観賞したホタル(飛翔)

ホタル朗読会とホタル解説会

「ホタル朗読会」はゆかた姿の愛らしい子供さんの朗読や趣向を凝らしたホタルもいて、とても和やかな雰囲気の中で金沢三文豪の作品を楽しむことができました。

また「ホタル解説会」は金沢ホタルの会の新村光秀氏による解説で、ゲンジボタルとヘイケボタル、ヒメボタルなどの違いやホタルの一生について。また、白鳥路でホタル観賞ができるようになったいきさつやどのようにして環境が守られているのか、ホタル観賞の注意事項などをわかりやすく楽しく学ぶことができました。

▼ホタル朗読会とホタル解説会の会場:金沢白鳥路ホテル山楽
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 ホタル朗読会、ホタル解説会の会場「金沢白鳥路ホテル山楽」

▼ホタル朗読会:徳田秋聲作「蛍のゆくへ」
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 ホタル朗読会 徳田秋聲作「蛍のゆくへ」

▼ホタル朗読会:朗読者全員と趣向を凝らしたホタル
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 ホタル朗読会 朗読者とホタルに扮する金沢市職員さん

▼ホタル解説会:わかりやすく楽しい解説でした
石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 ホタル解説会

【6月9日「白鳥路ホタル観賞の夕べ」の感想】
ホタルの光はとてもやさしくやわらかで、飛び交う様子も幻想的で癒されました。
ふんわり、ふわ~り飛んでいました。多分ゲンジボタルでしょう。ヘイケボタルは直線的に飛ぶそうなので…
中には人なつっこいホタルもいて、今にも誰かにとまるようなふりをして観賞者を楽しませてくれました。
子供たちばかりでなく、大人たちも童心にかえって喜んでいました。
この日は「白鳥路ホタル観賞の夕べ」が始まる午後8時よりも少し前から観賞したのですが、やはり午後8時になって街灯が消され、行灯の灯かりのみになってからの方がホタルの光がよく見え、たくさん飛翔し始めたように思います。
また、この日は午後8時ごろよりも、9時ごろの方がたくさん飛翔していました。
行灯のみの方がより楽しめるので、ご都合のつく方には「白鳥路ホタル観賞の夕べ」の開催時間中がおすすめです!
※ホタル解説員の方がいて、いろいろ教えてもらえます。質問がある方も是非この機会に。
「白鳥路ホタル観賞の夕べ」開催中の土・日曜日は、多い日はかなりの人出になり混み合うようです。
天候にもよりますが、ご都合のつく方は金曜日がゆったりと観賞できるそうです。

(注)写真を撮る際、フラッシュは禁止です。ご存知ない方もいました。気をつけましょう!

【追記】7月20日

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 白鳥路ホタルの夕べ 兼六園ホタル観賞会 看板

7月20日(土)の夜「金沢城・兼六園四季物語 夏の段 ホタル観賞会」に行ってきました。

当日は日中から風がなく蒸し暑い日で、ホタル観賞会には絶好の気象条件だと夜になるのを楽しみにしていたのですが、残念なことに午後早めの時間から雨が降ってきました。

ホタル観賞会が始まる頃も止むのかな?これからひどくなるのかな?という天候でしたが、とりあえず兼六園へ。

雨はやはり止む様子はなかったのですが、「金沢城・兼六園四季物語 夏の段 ホタル観賞会」の最終日だったので、何とか1匹でも観ることができたらいいなと思いつつ会場へ向かいました。

兼六園の小立野口から入ると、すぐ右手の「沈砂池(ちんさち)」には人だかりができていました。

間から覗いてみると、なんと池の上を飛んでいるホタルや池周辺の草の上で光っているホタルを探す手間なく見ることができました。

20~30匹ほどいたと思います。雨が降っていたので、半ばあきらめていたこともあり感激しました。

学校の夏休みにも入り、子供さんも沢山いて大喜びでした。

また大人の方も「生まれて初めて見た」「ホタル見たの何年ぶりやろう?」「すっげぇ感動!」。またカップルらしき女性は「願い事すると叶うらしいよ」、地元の方らしき人は「こんな金沢のど真ん中でホタル見れるなんて思わんかった」などなど。

みなさん幻想的な空間と時間を、それぞれの思いで楽しんでいました。

「沈砂池」の端では「金沢ホタルの会」の解説員さんがホタルについて説明したり、質問に答えたりしていました。兼六園でこの時期観られるのは、殆どが「ヘイケボタル」ということでした。

白鳥路で観た「ゲンジボタル」と比べると『やや光が弱い、光る間隔(点滅)が速い、直線的な飛び方』でした。「ヘイケボタル」の特長ですね。

ホタルはこの「沈砂池」の他にも山崎山を挟んで反対側の水辺にも沢山いました。

多少雨が降っていましたがホタル観賞ができる周辺は木々の葉で雨に当たらず、また帰るころには止んでいました。令和元年の兼六園ホタル観賞ができてよかったです。

そして驚いたことに「白鳥路ホタル観賞の夕べ」と同じく「金沢城・兼六園四季物語 夏の段 ホタル観賞会」でも、とても人なつっこくサービス精神旺盛なホタルが中にはいて、自ら飛んできて観賞者の頭や手にとまって楽しませてくれるのです。大勢の観賞者がいて、ザワザワしているにもかかわらず…

ホタルも自分たちを観賞して楽しんでくれる人たちが大勢いることが、うれしいかのようでした。また生息できる環境を保ってくれていることへの感謝の意ともとれるような…

▼ライトダウンされ通路に置かれていた行灯
「金沢城四季物語」と書かれています

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 白鳥路ホタルの夕べ 兼六園ホタル観賞会 行灯

▼兼六園のヘイケボタルの光

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 白鳥路ホタルの夕べ 兼六園ホタル観賞会 兼六園のヘイケボタルの光

▼白鳥路の「ホタルの一生」の解説板
※7/16に1匹 確認されてからは、いないようです

石川県金沢のホタルの観賞時期・時間帯・おすすめスポット2019 白鳥路ホタルの夕べ 兼六園ホタル観賞会 白鳥路の「ホタルの一生」の解説板

兼六園のホタル観賞後、白鳥路のホタルも気になり寄ってみたのですが、1匹もいませんでした (;∀;)

まとめ

石川県金沢市中心部にある特別名勝兼六園の入園者数は、年間約275万人にものぼります。(平成30年のデータより)

今回ご紹介した「兼六園」も「金沢城外濠公園 白鳥路」も、金沢市中心部のまちなかにあります。

このような石川を代表する観光名所や市中心部で、毎年ゲンジボタルやヘイケボタルの幻想的な舞を観賞できることは、とても貴重で珍しいことだと思います。

特に「兼六園」は辰巳用水のきれいな水が流れていることや、緑豊かできれいな空気が保たれているからなのですね。

また、ホタルの会や地域のボランティアの方などによる環境保全活動へのご尽力のおかげでもあります。

まちなかにある日本三名園の一つ「兼六園」や周辺にある「金沢城外濠公園 白鳥路」でホタル観賞ができる環境があることを、たくさんの方々に知っていただき楽しんでいただきたいと思います

そして、今後も毎年「金沢城・兼六園四季物語 夏の段 ホタル観賞会」「金沢城外濠公園 白鳥路ホタル観賞の夕べ」が開催されるように、一人でも多くの人に環境保全にも関心をもってもらい、日常生活の中で各々ができることに取り組んでいただくきっかけになればよいなと思います。

ホタルの光、舞を観ると「どこか懐かしい」「はかなく弱々しくて守ってあげたい」「風情があってなごむ」「自然の中に一緒に溶け込んでいくようで癒される」など、非日常的な空間をお楽しみいただけるのではないかと思います。

あらためて四季のある日本で、季節ごとの風物詩を楽しめる日常があっていいいなと感じます。

【兼六園ホタル観賞会】【白鳥路ホタル観賞の夕べ】でみられるホタルについて

  • 【兼六園ホタル観賞会】「ヘイケボタル」がほとんどで「ゲンジボタル」はあまりみられない
  • 【白鳥路ホタル観賞の夕べ】「ゲンジボタル」は3週間~1ヶ月くらい、「ヘイケボタル」は 1ヶ月半くらいみられる

今年の白鳥路のホタルは、6月の第1週目に一番多くみられたそうです。
「ヘイケボタル」よりも「ゲンジボタル」の方が体が大きく明るく光ります。

お願い

ゲンジボタルやヘイケボタルは、成虫になってからはエサは一切食べず、夜露(よつゆ)しか飲みません。

そして、成虫になって約1~2週間しか生きることができない中で、メスは産卵もし、一生を終えます。

そのような生態も心得て、捕まえて持ち帰ることのないように、ぜひやさしく見守る心でご観賞いただければと思います。 

よく読まれている関連記事

>>【2019春】兼六園の桜の見頃・開花予想・人気スポット10ヵ所や花見ライトアップ
>>【紅葉】石川・金沢兼六園の見頃・混雑時間・駐車場やライトアップ2019について
>>兼六園・金沢城公園など金沢観光には【バス】【自転車】がおすすめ!